HOME > 業務内容:防水工事

業務内容

業務内容のカテゴリーを選んでください。

防水工事

防水工事について

年月と共に、雨や風などで傷んできた建物は塗装、塗り替えなどの外壁工事をすることにより
再び新築の輝きを取り戻し、そして建物の寿命も確実に延ばすことができます。
新しくなった大切な建物、その空間で過ごす喜びと快適さを実感してみてください。

こんな症状でお困りではありませんか?

長年、雨・風、日差しなどから建物を守ってくれている外壁。ただ、月日が経つにつれて劣化していきます。
ひび割れ(クラック)の発生、触ると白い粉がつく(チョーキング)、
外壁のはがれ・変色、外壁の藻が発生しているなどこのような症状が出てきたら要注意です。
早急に塗り替えていただく事を強くおすすめします。

防水工事の種類

FRP防水

FRP防水は、耐水性、耐薬品性、耐摩擦性に優れるため
建築防水では現場施工型の塗膜防水タイプがバルコニーや
厨房床で採用されています。

ウレタン系塗膜防水
ウレタン塗膜防水は、主剤と硬化剤を現場にて攪拌し躯体に
塗布して施工する防水です。不定型材料のため下地の形状に
馴染み易く、水密性の高い皮膜が得られるため屋上をはじめとした
各種部位への防水に適しています。


ウレタン系塗膜防水 通気緩衝シート複合工法
下地からの湿気による防水層のフクレや下地の挙動による破断を
防ぐために防水機能のある通気緩衝シートを貼り付けてから
ウレタン防水材を施工する工法です。大面積での施工や屋上改修
に適した工法です。



塩ビシート防水 機械的固定工法
塩ビシート防水機械的固定工法とは、塩化ビニル樹脂に可塑剤、充填材などを添加し補強繊維を積層して成型した塩ビシートを塩ビ鋼板とビスを用いて躯体に固定する防水です。
塩ビシートの特徴としては、ラップジョイントなどのシート相互間を溶融一体化できる単層防水のため工期が短い意匠性に優れるなどが挙げられます。

機械的工法の特徴としては、塩ビ鋼板とビスによりシートが固定されるので改修工事の際に下地の補修費が軽滅でき、外断熱仕様が可能である。躯体にビスを打込む際に振動と騒音が発生する。躯体に強度が求められる。歩行に適さない。などが挙げられます。
工期の短い建物や改修工事に適した工法です。


改質アスファルトシート防水 トーチ工法
アスファルト防水トーチ工法とはトーチバーナーの直火でルーフィングを炙りながら施工する方法です。単層仕様は、トーチ工法用の
ルーフィング1層で仕上げる仕様で主に既存がアスファルト露出防水下地の場合の改修工事で用いられます。

改質アスファルトシート防水 冷工法
アスファルト防水冷工法とは、ゴムアスファルト粘着層をコーティングした改質アスファルトを貼り重ね積層していく工法です。
下地に対し軟接着の状態となるので、下地亀裂、追従性に優れます。冷工法の技術は陸屋根の防水だけではなく、勾配屋根の下葺材や地下外壁防水などでも広く採用されています。

臭いや煙の発生が抑えられ大掛かりな施工機器が必要ないといった
特徴を活かし、都心の密集地域での施工、改修工事などで威力を発揮する工法です。


シングル葺き
経年硬化または劣化したシングル葺きの上に新規にかぶせる工法です。シングル葺き下地専用に開発された下地処理材を塗布した後、
防水性能に優れた粘着層付改質アスファルトルーフィングを貼り付け、屋根材を葺きあげます。

既存屋根材と同質系材料を使用するため、安定した性能を発揮する工法です。

業務内容

会社案内

株式会社 ヤマトコーポレーション
〒544-0001 大阪市生野区新今里6−6−15
06-7891-8010

一般社団法人 全国防水工事業協会